気分転換 外出 寝る

つわりがひどくにおいがするものがダメになった。

 

 

妊娠がわかったすぐから7ヶ月ぐらいまでつわりがあり、あらゆるにおいがダメになりました。キッチンの食器用洗剤のにおいが部屋全体にする気がしたり、シャンプーやボディソープは全くダメ。お風呂に入るのも億劫でした。旦那の体臭も気になり旦那のいない方向に顔を向けて寝る毎日。

 

食事も一切作れない、というか作れたとしても洗い物ができないので極力冷凍うどんでしのいでいました。下の子の妊娠の時は上の子に、冷凍うどんや出来合いのおかずばかりをあげることになってしまい、本当に申し訳なかったです。

 

口を大きく開けたり息を大きく吸うと吐いてしまう気がして、しゃべることも歯磨きも辛く、洗顔フォームの匂いがするので洗顔もしたくなかったのでメイクもしたくなかったです。歩くだけで胃液が揺れて吐きそうになりました。その中で勤めに出ていましたが、それまでつわりが軽い妊婦しかいなかったので、出張できないことや休みがちなことをなかなか理解してもらえず辛かったです。

つわり いつ終わる

 

 

家中の洗剤を無香料に変えることは必須です。シャンプーやボディソープは敏感肌用の商品が無香料、食器用洗剤は自然に優しい商品が無香料です。家族がレンジをするときは、必ず窓を開けてもらいます。また香水は厳禁です。

 

妊娠がわかった時点で冷凍食品を買いだめしておくことも重要です。冷凍うどん、あんかけラーメンなどおなかが膨れて洗い物が少ないもの、野菜がとれるものがいいです。あとは動く必要のないときはひたすら寝ていました。外に出た方が気分転換になっていいこともありますが、疲れて次の日つわりが重くなることもありますしケースバイケースです。唯一の楽しみはネットで赤ちゃんの週数を検索して、今どのくらいの大きさなのかなと想像することで妊娠を前向きに捉えるようにしていました。同じ女性でもつわりがない方は全くなく、理解してもらえないのは仕方ない部分もありますがモヤモヤするポイントでもあります。自分が妊娠していた時にできたことが皆できるわけではないということを忘れないようにしたいです。

こんな記事も読まれています